簡単ですが、アジサイの管理法



管理法、

アジサイもシクラメンなどの植物と同じで、

明るくて涼しい所がいいのではないでしょうか、

お日様に当てての管理もアジサイが暑がらなければいいかと思います。

アジサイは水食いですが、たまに花屋さんの管理法で、

バケツなどで水に浸けっぱなしでと、言われることがあるみたいですが、

そんなことをしますと根グサレの原因になります。

良くないと思います。

確かに、鉢によっては、水遣りが大変なこともあります、

少し水に浸けて1日でもと言うぐらいの感じですといいでしょうが、

アジサイが水切れでクタンとしましたら、土にたっぷり水を上げまして、

花や葉っぱにも水をかけてぬらしてあげて下さい。

そうすれば、花や葉っぱの痛みが少し減ると思います。

底面鉢だからと言っても土が乾きましたら、土に水を直接上げてください。

根が張りすぎたりして水を土がすわないで、土が乾く場合は、

底面鉢でも上から土に直接水を上げて管理してください。

一度水が切れて土が乾いた場合も同じで、一度土をぬらしてから底面を利用する。

気をつけることで、買った状態のままでは駄目な場合、

いくら綺麗でも植物を包むようなラッピング等は取って下さい。

蒸れたりして、その他の痛みの原因になることが多いです。

植物の根がある土の部分がきちんと、水がかかり濡れるようにして、

土に水をかけた場合に、土の部分ラッピングなどによって、

水をバケツなどに入れた時のように、土が水につかるような場合は水がぬけるように、

などなど今回はこんな感じです。

大空は大丈夫ですが、

らぴすや、その他のアジサイでは、

出荷時に大丈夫なアジサイの花(倒れそうな)以外には、

支柱(花の下の軸を棒で固定する)花が倒れないように支柱の棒を立てるのですが、

出荷時に硬く大丈夫なのには、支柱はしませんので、

たまにお客さんのところで花の色が進むにつれて、

花が大きく成長とともに軸が倒れる場合があります。

そんな場合は見た目が良くなるように、

花の倒れています軸に、棒などを軸にそわせて立ててあげてください。

(棒と軸をそわせて、何かで結んで倒れないように、、)
(底面鉢とは、下に皿など水をためる所があり、ひもによって水を吸い上げる鉢のこと。)